出産後に抜け毛が増えた体験談|産後の薄毛は半年で治る

【38歳女性】
抜け毛が気になり出したのは34歳の時、産後しばらくたってからのことでした。

私より数ヶ月早く出産した友人が、産後の抜け毛がひどいと困っていたので覚悟していたのですが、意外にも産後一ヶ月は特にこれと言った変化はありませんでした。

個人差があることは知っていたので、私は大丈夫なんだと油断していたところ、産後二ヶ月目に突入した辺りで急に抜け毛がひどくなりました。

お風呂に入って髪を洗うとき、出てからドライヤーで乾かすとき、朝起きてヘアセットをするとき、いずれも自分の周りの床が抜け毛だらけになるほどでした。

肩甲骨辺りまでの長い黒髪だったので目立ちやすいというのもあったと思いますが、掃除のために抜け毛を集めて堅く丸めるとスーパーボールくらいの大きさになっていたので相当な量だったと思います。

元々毛量が多かった為か、そのように毎日抜けても頭皮が透けて見えたり分け目が目立ったりということはなかったのですが、なかなか抜け毛が止まる気配がなかったのでさすがに心配になりました。

髪を労るために短く切ってシャンプーやブローが短時間で済むようにしました。髪にかかる負荷を減らすためです。

髪を束ねる必要がなくなったので毛根へのダメージも減ったと思います。

ヘアスプレーやワックスなどは使わず、椿油で髪を軽く整えるだけにしました。

食生活も無理のない範囲で気を付け、脂っこいものは取りすぎないように注意しました。

完全に抜け毛がおさまることはありませんでしたが、改善はしたように思います。

また、短くしたことで単純に落ちている毛が少なくなったように見えるというのは精神面に良い効果がありました。

毎回抜け毛を見るたびにこんなに抜けてしまったとストレスを感じていたのですが、それが軽減されたのです。

結局のところ、抜け毛が落着いて出産前のように戻るのに二年程かかりました。

産後半年が抜け毛のピークだったと思うのですが、この頃から対策をして徐々に抜け毛が減ったように感じ、そこからは小康状態といった感じでした。

そういえば最近抜け毛が気にならないなと思い至ったのが二年たった頃です。

母乳育児だったのですが、抜け毛が気にならなくなった時期と卒乳の時期が重なっているのでそれも関係しているのかもしれません。

ホルモンバランスの問題なのかもしれませんし、睡眠をしっかりとれるようになったのが良かったのかもしれません。

想像した以上に産後の抜け毛は厄介で改善には長い時間がかかりましたが、今は抜け毛に悩む生活から解放されて良かったと思っています。
【36歳女性】
抜け毛が目立つようになったのは、産後半年が経った頃でした。

ドライヤーを終えた後、床に何十本という髪の毛が落ちていて最近抜け毛が酷いなと感じました。

それがきっかけとなり、抜け毛が気になり始めました。それでも「そのうち治まるだろう」とどこかで思っていました。

そんなある日、洗髪時に排水溝が詰まったのを目にしました。抜け毛が多すぎて湯が流れないのです。

あの時の気持ちは本当に言葉では言い表せません。それを目の当たりににした私は、やっと事の重大さに気付きました。

みるみるうちに髪の毛は薄くなり、地肌が丸見えになりました。

合わせ鏡で頭頂部を見たとき、あまりに痛々しくなっていて思わずその場にしゃがみ込んで泣いてしまいました。

しかも、左側頭部に小さな円形脱毛までできていたのです。

抜け毛も一向に減る様子がないので、皮膚科を受診することにしました。

その頃はもう帽子なしでは外出できないほど悪化していました。あれほど悲しく辛かったことはありません。

皮膚科では、出産によりホルモンバランスが崩れたからだろうと言われました。

産後に抜け毛が増えるのは珍しいことではなく、むしろ大抵の女性が体験することだと言われました。

私のように円形脱毛を作る方もよくいるということで、幾らか気持ちは和らぎました。

医師から漢方と液体の塗り薬を処方され、様子を見ることになりました。

他に医師から言われたことはストレスをためないようにすることやバランスのとれた食事をとるということでした。

育児も相当大変な時期だったので睡眠不足は勿論のこと、食事もほとんどできていませんでした。私はその事を夫に話しました。

すると夫は仕事が激務な中、休みの日は育児を手伝ってくれたり私の睡眠を確保してくれたり、すごく協力的になりました。

それから2ヶ月ほどで抜け毛がピタッとやみました。今までは何だったんだと思うくらい全く抜けなくなりました。

そこから更に数か月後、抜けた毛穴から産毛のような細い毛が一斉に生えてきたのです。そこからあっという間に回復し、半年後には元通りになっていました。

夫が協力してくれたことがきっかけなのか、そういう時期だったのかはわかりませんが髪の毛は必ず生えてきます。とにかく栄養はしっかり摂ることが大切です。

髪の毛がないというのはとても辛いですが、ホルモンバランスが落ち着けば必ず生えてくるので焦らずにケアしていくことが大切です。
【40歳女性】
産後3か月ごろ、お風呂で頭を洗いながらふと抜け毛が増えたように感じました。

もともと季節の変わり目には抜け毛が多くなる体質だったので、特に気にしてはいませんでした。

しかし心配性の主人に話すと早速インターネットで検索し、産後は抜け毛が増えるということを教えてくれました。

あまり気にしてはいなかったとはいえ、産後の一時的なものであると聞いて少し安心しました。

それからというものかえって抜け毛が気になるようになり、お風呂に入るたびにごっそりと指に絡め捕られていく髪に悲しくなりました。

産後の抜け毛は一時的で後に戻るものだとはいえ、一時的にでも人に気づかれるほどの薄毛になってしまったらどうしよう…と日に日に不安になっていきました。

そこで私は少しでも抜け毛の量を減らせるように対策をうつことにしました。まず購入したのは泡立てネット。

シャンプーを直接髪につけ泡立てる際に一番髪が抜けていると感じた私は、髪につける前にネットで泡立て頭を洗うようにしました。

これだけでもかなり抜け毛は抑えられたように思います。そして次に導入したのがヘッドスパブラシ。

指で頭を洗おうと思うとどうしても髪が絡まってしまいますが、このヘッドスパブラシを使えば絡まる量も減り、さらに一番洗いたい頭皮の部分をきれいに洗うことができるのです。

この2つのグッズによって私の抜け毛は劇的に抑えられました。

私は単純に絡まって抜けていく髪の量を減らしたくて、これらの道具を使い始めましたが、結果的に頭皮によい環境となり、自然な抜け毛自体も減ったように思います。

そうして抜け毛対策を続けること約半年。気づけば抜け毛の量が減っていました。

最初に気づいたのはお風呂後、髪を乾かした後に洗面所に落ちている髪の量。

どこか別の場所に落ちたのかと思うほどに抜け毛が減っていました。そしてお風呂場の排水溝にたまる髪の量。

毎日髪取りシートにびっしりたまっていた髪が、半年後には毎日取り換える必要もないほどに減っていました。

こうして私の抜け毛との格闘は終わりを告げました。しかしやはり年齢とともに抜け毛は増えていくもの。今後も泡立てネットとヘッドスパブラシの使用は続けて行こうと思います。

東京・秋葉原のAGAヘアクリニックで治療を受けた48歳の体験談|ハゲは治せる