秋に抜け毛が増えた人の経験談まとめ|秋は夏の紫外線のダメージで抜け毛が倍増

【42歳男性】
秋になると、抜け毛が増えているようです。

秋という季節は、夏が終わってまだ気温が少し高い時期と、冬が近づいて気温が下がって空気が乾燥する時期の2つがあると思います。

私の体験では、気温が下がって空気が乾燥する時期に抜け毛が増えているように感じました。

私は、子供の頃はアトピー性皮膚炎だったのですが、42歳の今でも皮膚は丈夫ではありません。

そのため、秋に気温が下がって空気が乾燥してくると皮膚が乾燥して痒くなります。そして頭皮も乾燥して痒くなります。

皮膚が乾燥して痒くなると、自分で意識しても無意識の状態でも、皮膚を掻いてしまう癖があります。

頭皮も乾燥して痒くなるので自分で掻いてしまいます。おそらく、乾燥して痒くなった頭皮を掻いてしまうため、抜け毛が増えているのではないかと考えています。

そこで、私が考えた秋の抜け毛への対策は、頭皮を掻かないようにすることです。

具体的にどのようにして、頭皮を掻かないようにするのかというと、まず一つ目はひたすら頭皮を掻くのを我慢することです。

私は、子供の頃のアトピー性皮膚炎の経験から皮膚を掻かないようにすると、皮膚の健康状態が一番良くなると感じています。単純な方法ですが、これが一番、皮膚炎には効果的だと思うのです。

あとは、無意識の状態で頭皮を掻いてしまうことがあるのですが、何か手を使う作業をするようにしています。

例えば、パソコンを両手で操作していれば、無意識に頭皮を掻くことを防げます。

そのほかには、両手で本を持って読書をしていたり、またはギターなどの楽器を演奏しているときも、両手を使っているので、頭皮を掻くことを防げます。

乾燥した頭皮に何か薬のクリームなどを塗るという方法もありますが、アトピー性皮膚炎の経験からすると薬のクリームなどを塗ることは最終手段にするべきだと考えています。

薬をあまり使うと、皮膚の抵抗力が弱くなるので、なるべくそれは避けたいのです。
【30歳女性】
毎年秋口になると抜け毛が増えます。

いつも自然に抜け毛は減っていくのですが、一度だけ抜け毛がなかなか治まらなかった時があります。

洗髪の時は勿論、ドライヤーをした後や起きた時の枕に抜け毛が目立ちました。

成人の一日あたりの抜け毛の数は100本程度と言われています。

しかし私の場合は200本以上抜けていたと推測されます。みるみるうちに逃避が目立つようになり、髪の毛を束ねた時にはボリュームが半減していました。

これはただ事ではないと危機感を持った私は、皮膚科を受診することにしました。

医師は私の頭皮を調べ、毛根が細くなっていることを指摘されました。毛根部分にいくにつれて毛先が細くなっていたので、脱毛症だろうと言われました。

私は驚いて、このまま抜け続けるのかを問うと首をひねって難しい顔をされました。

医師から言われたことは、髪の毛のストレスになるようなことはしないこと、亜鉛を積極的に接種することなどを言われました。

抜け毛を減らす薬はないということで、気休め程度の塗り薬を処方されました。緑色の液体で、頭に塗布するとニオイがきつくて辛かったです。

しかもお風呂に入るまでニオイはとれないので、そのうち使用するのをやめてしまいました。

髪の毛のストレスを減らすということで、私は今まで欠かさずしていたヘアカラーをやめました。

いつも美容室で綺麗に染めてもらっていたのですが、もしかしたらこれが原因かも知れないと思ったのです。そして、食事の改善を試みました。

それまでは外食が多かったのですが、自炊を積極的に行うようになりました。また、甘いものを控えるようにし、夜更かしなどもやめました。

その甲斐あってか、抜け毛はだんだん減っていきました。そして新しい毛が一気に生えてきたのです。

東京・秋葉原のAGAヘアクリニックで治療を受けた48歳の体験談|ハゲは治せる